[Tips] XcodeにpdeファイルをJavaのコードとして認識させる!

オートコンプリート機能(途中まで打ったら補完してくれる)などがあるので,.pdeファイルの編集はXcodeを使うのが便利だと思っている.Processingのpreferenceで,Use External Editorをonにして pdeファイルをXcodeで開くだけだが,そのときにいちいち,これはJavaのファイルですよーと指定してあげないといけない(メニューからFormat > Syntax Coloring > Java)のが面倒.Javaにあわせたシンタックスカラーがやっぱりほしい.そこで,裏技.pdeファイルをJavaのファイルとして認識させる方法.

/System/Library/PrivateFrameworks/DevToolsCore.framework
/Versions/A/Resources/Standard file types.pbfilespec

を適当なテキストエディタで開く.

{
Identifier = sourcecode.java;
BasedOn = sourcecode;
Name = “Java source files”;
Extensions = (java);
ComputerLanguage = java;
AppliesToBuildRules = yes;
CanSetIncludeInIndex = YES;

という項目が最初の方にあるので,

{
Identifier = sourcecode.java;
BasedOn = sourcecode;
Name = “Java source files”;
Extensions = (java
, pde);
ComputerLanguage = java;
AppliesToBuildRules = yes;
CanSetIncludeInIndex = YES;

},

赤字の部分を付け足す.コンマをわすれないこと.
Xcodeを再起動したら,次から.pdeファイルを開くと自動的にJavaのソースコードとして認識してくれるはず.
コメントをくれた,mixiのMacOS X開発者コミュのみなさんに大感謝!!

Technorati Tags: , ,

Share your thoughts