赤外線カメラの作り方

2016.2.6
2007年9月に書いたこの投稿がまだアクセス数が多いので補足. 最近のニューラルネットワークで白黒映像に自動的に色をつけるという実験をやってます. 赤外線カメラの映像でやってみるのも面白いのではないかと思うのですが、どなたかやってみませんか?

[テスト] 畳み込みニューラルネットワークを用いたモノクロ動画の自動彩色
http://naotokui.net/2016/01/auto-color-cnn-jp/

スクリーンショット 2016-01-20 13.53.11


 

以前、Tokyo Max Users Groupでも紹介した「簡単な赤外線カメラの作り方を、友人に頼まれたので再掲します。

作るのが面倒な人は… 既製の赤外線カメラを購入しましょう!! 安価で使い勝手の良いものが多数販売されてます。


“Groovy ウェブカメラ(USB) GR-CAM130N2” (Groovy)

赤外線ライト搭載

 

赤外線カメラの作り方

準備するのは以下の二つ。

1.
安価なUSB Webカメラ


“Princeton Stylish Webカメラ i-Search30ホワイト PWC-30ISW” (プリンストンテクノロジー)

 

2. 光吸収・赤外線透過フィルタ


“IR 86 7.5X1 光吸収・赤外線透過フィルター(IR)” (富士フイルム)

 

USBカメラの多くには目に見えない余計な光が入ってこないように、赤外線領域の光をカットするフィルタがついています。このフィルタを外して、逆に可視光をカットするフィルタをつけてあげれば… そうです、簡単な赤外線カメラに早変わり! というわけです。

ただし、どのUSBカメラでもいいというわけではありません。第一にドライバが対応しているかどうか(特にMac対応の安価なUSBカメラは意外と少ないです)という根本的な問題が。もしドライバが対応していたとしても、レンズの中に赤外線フィルタが入っているようなカメラだとアウトです。僕が知る範囲でMac/Win両方対応で、問題なく使えることを確認できたのはプリンストンテクノロジーの“i-Search30ホワイト PWC-30ISW”だけです(ほかの機種でもきっとできるとは思いますが…)。

Sany0009-5

光吸収・赤外線透過フィルタは、富士フイルムのものがよいでしょう。どのくらいカットするかで、IR-76から96まで細かい種類があるようですが、どれでも問題なさそうです。僕は76と86を使ってみてどちらも特に問題なく使えてます。

上の二つが準備できたら、あとは組み立てです。実際の写真を見ながら説明します。ここでは、“i-Search30ホワイト PWC-30ISW”をつかっています。

1. ふたをはずす
Sany0007-4

2. レンズを取り出す。レンズに傷を付けないように慎重に。
Sany0008-1 Sany0009-5

3. 赤外線フィルタをはずす。
Sany0011-4

拡大: レンズの手前に半透明のフィルタ(ガラスの板状のもの)があるのがわかりますか?
これをピンの先などをつかってはがします。
Sany0011-5

はがしたフィルタとレンズ
Sany0012-1

4. 光吸収・赤外線透過フィルタをつける
はがしたフィルタとだいたい同じ大きさに赤外線透過フィルタを切りとり、接着剤などでレンズにつけます。
このとき、フィルタの周辺部にのみ、接着剤をつけるようにしましょう。当然ですが、べったり接着剤をつけてしまうと、肝心の光が入ってこなくなってしまいます :-)

Sany0014 Sany0017-5

5. ふたをもどして、はい、できあがり!

さて効果は? さっそく真っ暗な部屋で試してみました。そのままだと何にも見えないくらい部屋でも…
ピクチャ 1

リモコンの赤外線を当てるだけで!!
ピクチャ 2 コーヒーカップ

ピクチャ 3
(ちなみにApple Remoteの赤外線のみで撮ってます。)

最後にお約束ですが…

この改造はあくまでもご自分の責任でお願いします。Webカメラが壊れたとしても責任はとれません。また用途についても同様です。みなさんの良識を信じてます :-)

ちなみに僕の用途は… これでした。

Yokohama Soundscape 2007




 

8 Comments

Join the discussion and tell us your opinion.

メカヤマ・オツシ
September 28, 2007 at 2:41 pm

かなりいい情報をありがとうございます!
勉強になりました。
ちなみにiSightとかは無理なんでしょうか?

nao
September 28, 2007 at 7:13 pm

お役に立ててうれしいです。
iSightでもできはずです。ただ、高価なものなので、とてもじゃないですが試す気になりません :-)

clip.plustar.jp
October 5, 2007 at 8:37 am

かつて音楽と呼ばれたもの ? Blog Archive ? 赤外線カメラの作り方…

赤外線カメラの作り方
以前、Tokyo Max Users Groupでも紹介した「簡単な赤外線カメラの作り方」を、友人に頼まれたので再掲します。

準備するのは以下の二つ。

1. 安価なUSB Webカメラ
2. 光…

サウンドプログラミング ワークショップ | nullblog* |
March 9, 2008 at 12:38 am

[…] かつて音楽と呼ばれたもの – 赤外線カメラの作り方 […]

赤外線カメラの作り方 | EDEN’s Blog
December 28, 2008 at 9:29 am

[…] こんなの見つけた。 赤外線カメラの作り方 […]

in home assumable loans
January 8, 2009 at 10:58 pm

assumable in loans home loans in assumable home

Ryudo
July 17, 2010 at 3:15 am

お伺いしたいのですが、このカメラだとどの波長まで撮れますか?3μとかはかなり厳しいと思うのですが。
近赤外?

QVP-61BLを認識させる(失敗) « cozy attic
January 17, 2011 at 11:02 pm

[…] 赤外線で思い出しました。調べてるときに見つけたのですが、赤外線フィルタで一般のWebカメラを赤外線カメラ化する方法がありました。ホンマにできるんかいな? […]

Leave a reply