「The Latent Future -潜在する未来-」 ICC OpenSpace 2017にて展示中.

DSC02353

2017年5月27日より、ICC OpenSpace 2017 未来の再創造 にて、Qosmoの新作展示がスタートしました。

「The Latent Future – 潜在する未来」と題した本作は、ニュース記事しか知らないコンピュータが、この世界の「ありえたかもしれない過去、ありえるかもしれない未来」を夢想し続ける…という作品です。
http://www.ntticc.or.jp/ja/archive/works/the-latent-future/

映像の中の3D空間には,過去に実際に起きたニュースのほかに,無限に近いさまざまな文章が埋め込まれています.その現実のニュースから「ありえた/ありえる」かもしれないニュースが生成されます.

この作品は,言語モデルの中に畳み込まれた,無限に近い文章の組み合わせ可能性に着目し,現在インターネット環境などに顕著に表れている,真実と虚構とがないまぜになってしまう現実社会の脆さを考えようとするものです.過去の大量のニュースを学習した人工知能(AI)は,Twitterからのニュースフィードを常に受け入れ,ニューラル・ネットワークの中に埋め込まれた「すでにある」,しかし「まだ起きていない」,オルタナティヴなもうひとつのニュースを生成し,提示し続けます.そこには,ホルヘ゠ルイス・ボルヘスの小説「バベルの図書館」に登場する,表現可能な全ての組合せを収めた図書館のごとく,組み合わせにより生成された大量の架空のニュースが含まれ,虚構と事実の間に揺らぎをもたらします.

表示されている3D空間は,各文章が持つ高次元の特徴ベクトル(文章の特徴を数列に変換したもの)を,3次元でマッピングしたもので,空間内での距離が文章間のセマンティック(意味的)な距離に対応しています.

 

作品のアイデアは言語モデル自体の面白さから着想しました。

単なる数字の列 (といっても2000次元以上のベクトルですが)から、無限に近い多様な文章が生みだされるということに美しさを感じました。この高次元のベクトル空間(ちなみにこの空間のことをLatent Space, 特徴量のことをLatent Featuresと呼びます)に埋まっている文章、「すでにそこにあるのに、まだない」記事を、日々流れてくるニュースの見出しを手がかりに、掘り起こしていく

ボルヘスの「バベルの図書館」(アルファベットの可能な組み合わせの本がすべて所蔵されている)の中を探索するようなイメージでしょうか。

そんな僕の漠然としたイメージを、昨年からQosmoに加わった堂園翔矢が見事なグラフィックにしてくれました。 インターンの二人の大学生 Robin Jungersと 梶原 侑馬 のサポートも不可欠でした. さらにサウンドは、2004年のICCでの初めての展示の時もいっしょだった 澤井妙治にお願いしました。

Continue reading

BCL 「Ghost in the cell」 金沢21世紀美術館

4E6167F0-6587-4A66-BEE9-EB59F0E8C3C7.png

怒涛のSW前後の仕事がひと段落…と思っていたらあっという間に10月.

ちょっと前の話になりますが、BCLの金沢21世紀美術館での新しいインスタレーション「Ghost in the cell」の制作に参加したので簡単にまとめておきます.

いまさら説明する必要もないと思いますが、BCLは、福原志保さん、Georg Tremmel、吉岡裕記さんらからなるバイオアートユニット.  今回のインスタレーションは、ご存知「初音ミク」にiPS細胞を使って心筋細胞という実体を与えるという… どこからどうみてもいろいろとやばいインスタレーションです.

生命と非生命、バーチャルとリアル境界線があいまいに…といった解説はアーティスト本人たちに任せるとして、 実際に培養されたiPS細胞が脈打っているのを見るととにかくなんとも言えない気持ちになります. (心筋細胞は複数あつまると自然にシンクロして脈打ち出すんですね. NHKのこどもむけの教材が参考になります)

DSC00847

DSC00865

「細胞を置いた部屋を包み込むような音を自由につくってほしい」と言われてかなり悩んだのですが、今回はあえてアナログ機材を中心に音を作りました. モジュラーシンセの内部のノイズを極端にフィードバックさせ、発散と収束のギリギリのバランスを保ちつつつねに変化していくような状態、動的な平衡状態を音響的に作り出すことを目指しました. さらに心筋細胞の脈のリズムにあわせて、心音に見立てた低音が cell(=細胞であり独房)をゆらします. ある種使い古された手法かもしれませんが、ほとんどPCを使わずに音を作るという意味で個人的には新鮮なチャレンジでした. (最終的なアウトプットにはPCをつかってます)

DSC00886

DSC00853

Semitransparent Design(セミトラ)のみなさん(田中さん、柴田さん、アダムさん)とも、今回ようやくごいっしょさせていただきました!  セミトラさんのビジュアルは、大量の初音ミクの画像で学習したGoogleのDeepDreamを使って生成しているそうです. 入力された写真のなかのミクらしさ(緑色の線=髪、白い楕円形=顔 etc)を強調した画像を生成. 生成した画像をさらにDeepDreamに食わせるということを繰り返していくうちに、どんどん特徴量が強調されていきます.

なんでもない影が人の顔に見えたりすると、もう顔にしか見えないという心霊写真と同じで、なんてことのない金沢の風景からミクがまさに幽霊のように浮かび上がっていきます. こちらも期せずしてフィードバックがキーワードでした. 会場入りしていっしょに制作をはじめてからの、お互い何も言わなくてもどんどん進んでいく感じが気持ち良かったです. さすがのプロフェッショナルぶり.

IMG_8152
手前: BCLの三人. 奥: 左から松本さん、セミトラのアダムさんと柴田さん
志保ちゃん、ゲオルグとは僕がはじめてロンドンを訪れた2001年からの友人です. はじめてのロンドンだったのにひどい熱をだして、ほとんどソファーで寝ていたのもよい思い出です。いっしょになにかやりたいねといいつづけてはや10数年… やっと実現できました.

今回の展示は9月19日オープン、来年の3月21日までやってるそうなのでぜひ足を運んでみてください.

ps. 設営の際には松本昭彦さんにお世話になりました. ご自身もアーティストとして活動されている上にMaxなどの勘所もよくわかっていて、製作上のアイデアもいただきました. その松本さんにご紹介いただいたsonihouseさんの無指向性スピーカーのおかげで、不思議な定位感の空間を作ることができました。快くスピーカーをお貸しくださったsonihouseさん、本当にありがとうございました!

ALMA MUSIC BOXを楽曲化 – クラウドファンディング中!

alma2

alma music box

アルマ電波望遠のデータをオルゴール化したALMA MUSIC BOX. 昨年21_21デザインサイトで展示したプロジェクトの続報です。オルゴールの音を気鋭のミュージシャンが楽曲化、CD化するプロジェクトをクラウドファンディングで進めています。

宇宙から届いた星の“音”を気鋭のミュージシャン達が楽曲化、CD制作へ
https://motion-gallery.net/projects/alma

Exhibition at MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO

exhibition_main

We, as Qosmo, will exhibit our work at Museum of Contemporary Art Tokyo, starting from 4th of February. The work is on our intimacy with devices and issues of our privacy.

Qosmoとしての作品展示が2/4より東京都現代美術館ではじまります. 私たちの携帯電話をはじめとするデバイスとの関係性、情報、プライバシーの問題をあつかった作品です.

http://www.mot-art-museum.jp/eng/2011/bpp/index.html



Yokohama Soundscape ’07 (2007)

200906100959.jpg

A sound installation, in which visitors can listen to various “soundscape” recorded in Yokohama by shining on a miniature model of the city with flashlights. The location of lights on the miniature are detected by a hacked infrared web-camera and a Max/MSP patch, then sounds recorded in the corresponding area are played. (Commissioned by MORI BUILDING / Organized by SETENV)

Continue reading