[サーフィン × 人工知能] 海岸線の衛星写真からサーフポイントを検索 – Deep Surfari – Quest for untouched surf points using Deep Learning on satellite imagery.

13925838_10155096476088452_7128053996750221992_o

いからちょうど一年前. 2016年の9月に10日ほどの休みを取って、南米チリに行ってきました。チリの友人たちとサーフィンをするのが目的の旅でした。ちょうどそのころにやった実験の記録です。


Deep Surfari – Quest for untouched surf points using Deep Learning on satellite imagery.

サーフポイントとして認識された衛星写真

サーフポイントとして認識された衛星写真 – モロッコ

このプロジェクトの直接のきっかけはその直前の8月のWIRED LABでのトークセッションです。世界のサーフポイントの波のデータ可視化に取組んでいる山崎みどりさん、サーファー向けの写真アプリ SurfPicを運営する電通の秋元健さんとの対談をする機会をいただきました。

初めてのお二人との顔合わせの席でもやはり話題は海外のサーフスポットについて. 「あそこに行きたい」「どこそこは波を当てるのが難しい」などなど話題はつきませんでした.  山崎さんは僕の憧れの地、モロッコにも行かれたことがあるとか.  長い長い海岸線を持つ彼の地には、未知のサーススポットも数多く残されている… といった話で盛り上がりました。

サーフポイントの緯度経度情報を登録するために、Google Mapsで衛星写真を眺めるのを日課にしているという秋元さんの話を聞いているときにひらめきました。

「もしかしたら海岸線の衛星写真を解析することで、新しいサーフスポットを見つけられるのではないか… 」 会社に戻ってすぐにサーフスポットの情報を集めはじめました。

ということで、題して Deep Surfari (SurfariはSurfingとSafariをあわせた造語で、未開のサーフスポットを探す探検を意味してます). 画像解析にはもちろんDeep Learningのモデルを利用します。

今回のテストは以下のようなステップで行いました.

  1. 世界のサーフスポットの衛星写真を集める.
  2. サーフスポットではないランダムな海岸線の衛星写真を集める
  3. 畳み込みニューラルネットワーク(CNN)で、サーフスポットとそれ以外を識別するモデルを作る.
  4. 対象とする地域の海岸線に沿って集めた衛星写真を、3のモデルにかけて「サーフスポットらしい」場所を探す

順に説明します。

Continue reading

Handmade fin for my longboard

IMGP0090

I made a classic fin for my longboard by myself. It’s simple and didn’t take that long. It was FUN!!
This is the first and small step forward my dream – building my own custom surfboard!

自分のサーフボードを作るという夢に向かっての第一歩、ということでシングルフィンのロングボード用のフィンを作ってみました。

作り方は非常に簡単。ちょうどいい厚さの板を買ってきて、フィンの形を鉛筆等で書きます。今回は普段使っているフィンと、displacement hull用のリドルのフィンの曲線をトレースして組み合わせた形にしました。

(下の写真は次に作ろうと思っている、よりクラシックなタイプのフィンのもの。ハンズで売ってた自由に曲線が描ける定規がすごく便利!!)

201105271909.jpg  

形が決まったら、糸鋸で切り出し、あとはひたすらサンダーで磨いていきます(さすがにサンディングは手でやるのはかなり無理がありそう…)  手持ちのフィンを手で触り、その曲面の感触に近づけていく作業です。

IMG_0549.jpg IMG_0568.jpg

IMG_0553.jpg

形ができてきたら、前の小さい突起用に穴をあけ、短いパイプを通して接着剤で固定します。

さらにねじをとめる穴をあけます。このときが一番緊張しました。

最後に油性のニスでコーティング!!

IMG_0557.JPG

Continue reading