The Latent Future

An Audio-Visual Installation exploring the Latent Space of a Deep Learning Language Model.

Embedded in the 3-D space in this video next to news of actual past events are almost limitless amounts of texts of various kinds. Based on this real news, news of things that could happen or could have happened are generated.

By focusing on the nearly endless possible combinations of texts incorporated in language models, this work addresses the fragility of a society in which reality and fiction are mixed, as is prominently expressed in today’s Internet environments among others. Artificial intelligence (AI) has been fed with large amounts of past news*, and continuously receives news feeds from Twitter, based on which it generates and presents new, alternative news of things embedded in neural networks that “already exist” but have “not yet happened.” Like in Jorge Luis BORGES’s The Library of Babel that contains all possible combinations of words, this news contain large amounts of composed fictional news, as a result of which the line between fact and fiction is blurred.

The three-dimensional space in the display contains 3-D mappings of each sentence’s high-dimensional “latent feature” vectors (representing the sentence’s characteristics translated into a sequence of numbers), whereas distances within the latent space correspond with the semantic distances between the sentences.

大量のニュース記事を学習した人工知能(AI)が内包する、潜在的な未来を顕在化するインスタレーション。

昨今、仮想現実(VR)が話題を集める一方で、オルタナティブ・ファクト、フェイク・ニュースといった言葉が象徴するように、実世界の中でも現実と虚構の境界が溶けていくような出来事が少なくない。本作品は、「過去」のニュースを学習した言語の確率モデルをもとに近い「未来」に起こりうる架空のニュースを生成することで、不確かな「現在」に光をあてることを試みる。

スクリーンに映し出された3次元空間内には、意味上の距離をもとにマッピングされた無数のニュース記事が表示されている。Twitterから刻々と流れ込んでくる新しいニュースは、この3次元空間内にマッピングされる。同時に、それらの意味的な近傍や別のニュースとの合間の空間から、新しい文章=新しいニュースが生成される。

AIが単なる数字の列から無限に近い多様な文章を生みだすことに着想を得たこの作品は、言語モデルの広大な高次元ベクトル空間に埋まっている「すでにある」のに「まだ存在しない」ニュースを、現に起きているニュースをもとに掘り起こしていくプロセスとも言える。

本作品は、こうした「ありえたかもしれない」「ありえるかもしれない」ニュース群によって、鑑賞者にとっての現実と虚構、過去と未来の境界を揺るがしていく。

Credit

Concept / Programming:  Nao Tokui
Visualization:  Shoya Dozono
Sound: Taeji Sawai
Assistant: Yuma Kajihara, Robin Jungers