SFC – Interaction Design ゲストトーク – 長谷川愛さん

7/8のSFCでのInteraction Designの授業は、ゲストとしてアーティスト、デザイナーの長谷川愛 (Ai Hasegawa)さんをお迎えし、Speculative Design/Critical Thinkingについてのお話を伺いました。

https://aihasegawa.info/

もしも女性がイルカを生めたら… 同性婚の女性カップルがiPS細胞を使って二人の子供を産めるようになったら… 人種に対して逆バイアスがかかった銃があったら…

そうしたSpeculationに基づいた作品を多数発表している長谷川さん。

特に面白かったのは、どのように作品を発想するのかという点についてのコメント。

長谷川さんは、まず最初に近未来の社会を想像しつつ、短編のSFとして簡単に書いてみるそうです。その中で特に印象に残るシーンがどこなのかを頭の中で考えます。その一番インパクトの強いワンシーンを切り出し映像化することで、観る人の記憶に残る作品にまとめて行きます。最初にSFとして書き上げることで、実際に作品を作り始めるときには、すでにその世界観が頭の中である程度出来上がっている、という点もポイントだとか。

年始に発売されたこの本の内容にも触れつつ、内容の濃い授業でした。

講義後も1時間近く学生が残って、長谷川さんにいろいろと質問させてもらっていました。秋に予定されている大規模な個展も楽しみです。

長谷川さん、ありがとうございました!