[Max/MSP] iTMSSearch

実験用の新しいMaxオブジェクト「iTMSSearch」を書いた。

Itmssearch22
iTMSSearch_05b.zip

Use at Your Own Riskでお願いします。

George
jit.cellblockを使えば、表の表示も簡単。

### Tech Note

現在、日本語などのマルチバイト文字の扱いに苦慮している。iTMSから帰ってくるのはUTF8でエンコードされたXMLファイルのようだが、MaxでUTF8を表示することはできないようだ。

当初の実装では、Cocoa標準のNSXMLDocument, NSXMLNodeなどを使って iTMSから帰ってくるXMLファイルを解析していたが、上記のXML系のクラスはTiger以上でのみサポートされていることが判明。急遽、サードパーティーのXMLクラスに変更した。Googleで見つかったのは、次の2つ。

よりシンプルなXMLTreeに置き換えたところ、5分で完了。XMLTreeの作者のHarderさんに感謝!

1 Comment

Join the discussion and tell us your opinion.

nao
July 24, 2006 at 5:34 pm

補足: 環境依存が大きいようです。QuickTimeのバージョンの違いなどによって、動かない場合もあるようです。

Leave a reply