[告知] TMUG #8 – Maxを取り入れたワークスタイル

Tmug 82

TokyoMaxUsersGroup #8

[ Max
を取り入れたワークスタイル]

TokyoMaxUsersGroupはMax/MSP/Jitterを中心にAudio/Visualの
プログラミングに関する情報交換を目的としたゆるやかな集いです。

今回はMaxを取り入れたワークスタイルを紹介。
アーティスト/デザイナーとして怒濤の活躍を続ける真鍋大度(rhizomatiks),
松本典子(IMG SRC)を招聘!彼らのジャンルレスな仕事の中にMaxの新しい
可能性がある筈!必見です!

さらに昨年末のTMUG忘年会で好評だった首藤陽太郎によるパッチ公開ライブ
&本人の解説付き!見逃せません!
もちろんMax初心者•非ユーザー大歓迎。 Maxに興味のある方ならどなたでも参加可能。
ノートPCの持参を推奨します!

ask : info@tokyomax.jp

TokyoMaxUsersGroupHP (新アドレス)
http://tokyomax.jp/


—————————————————————————
[プレゼンター]

真鍋 大度 (rhizomatiks / tripon)
http://www.rhizomatiks.com/
http://www.456.im/
http://www.daito.ws/

松本典子(IMGSRC / NON-GRID)
http://www.imgsrc.co.jp/
http://www.iamas.ac.jp/~q-03/

[ライブ]

首藤 陽太郎 (ImageBend / TMUG)
http://www.myspace.com/imagebend

[DJ]

black out (TMC / [b])
http://technomaterial.org/

ダイトくんの最近の活躍ぶりは多くの人が知るところですが、Maxつながりでかなり昔からのつきあいです。また松本さんは、最近のすごい仕事が、TMUGのサイトでも特集されてますが、僕のCocoa-Send/Receiveオブジェクトを実際の作品に使ってくれている数少ないアーティストの一人です。個人的には、ダイトくんが仕事とアーティスト活動をどう両立しているのか、また松本さんのサーバサイドでMaxを使うという発想と実際の技術に興味を持っています。

音楽以外のところで、どのようにMax/MSPがつかわれているのか、特に実社会の仕事の中でどういう位置を占めているのか、興味のある方はぜひ足を運んでください。

PS. デザイナーのポータルサイト, CBCNETでも告知されてます。ありがとうございます!

Share your thoughts