おしゃれiPhoneムックを買ってみた

「こんなムックがあるよ」

と友人の編集者が教えてくれたムックを買ってみました。

題して “ハニカムの「iPhoneについて」 “ 。藤原ヒロシやDJの大沢伸一のようなおしゃれクリエイターが、それぞれのiPhoneの使い方を語るという企画もの。ハニカムというのは、そういうおしゃれさんむけのポータルサイトらしいです。

200812101015.jpg

僕の10 seconds ago Proが取り上げられているというだけの理由で、全く期待しないで買ってみたのですが、これが意外と面白い。スペックとか技術的な話はほとんどないところがいい! iPhoneのおもしろさを直感的に語ってます。

「従来のケータイがいろいろつまった幕の内弁当だとしたら、iPhoneは自分の好きなものを自由に選べるビュッフェかアラカルト」

「iPhoneは、ドラクエみたいなかんじ。育てることで自分のものになっていく」(藤原)

そのほかにも、普段IT系のサイトなどでは聞けない、ユーザの意見とアイデアが詰まっている感じ。

DJでレコードを探すときにiPhoneを懐中電灯代わりにつかっているとか、クラブで知らない曲がかかったときにレコーダーアプリで録音してあとでチェックしているなどなど。僕もすぐにまねしてみようかなというアイデアも複数ありました。これこそ、ITメディアとかCNETでは表面にでてこないiPhoneの使い方ですよね。

iPhoneに関する情報も飽和気味。新しい視点を得たい開発者には意外とオススメかもしれません。ただ、1200円は正直高い!


“ハニカムの「iPhoneについて」 (SOFTBANK MOOK)” (ソフトバンククリエイティブ)

Share your thoughts