ポメラのファイルはSubversionで管理

200812051921.jpg

一部のブロガーなどの間で熱狂的な盛り上がりを見せている「ポメラ」POMERA を僕も購入しちゃいました。

ご存じない方に簡単に説明ときには、昔のワープロ専用機が小さくなったようなものを想像してもらうといいと思います。Nintendo DSくらいの大きさの本体に折り畳みのフルキーボードがついています。 文字を修飾する機能はないので、「テキストエディタ専用機」と言った方がいいのかも。あとはフロッピーの代わりにmicroSDが使えて、USBでPCにファイルを取り込めるという点もポイントですね。詳しくは、開発元キングジム(渋い!)のホームページを見てください。

いつでもどこでもすぐ「メモる」

というコピーが示すように、もともとは会議の議事録や講義の記録などをその場で簡単にとれる!というのがウリだったようですが、どこでも文章を書けるアウトプットのツールとしてブロガーやライターの方々に絶賛されているようです。

僕の購入目的も、一日往復3時間以上ある通勤時間を有効活用しようというものでした。細かいレビューはまた改めて書くとして、とにかくいいです!! キーボードの質感、起動時間、大きさ、重さ… どれをとってもちょうどいい感じ。あと、ゴムの独特の匂いがすごくイイ!  こいつが手放せない毎日です。


“KINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM10クロ プレミアムブラック” (キングジム)

ただ、ポメラをヘビーに使えば使うほど困ってくるのが、ファイルの管理。PCで書いていた原稿をポメラに移して書いてたりすると、どのファイルが最新のものなのか分からなくなってきてしまいます。

そこで… ポメラのmicroSDの中身をSubversionで管理することにしました。ポメラをUSBにつなぐたびに、commit もしくはupdateして、PC上のファイルと同期をとっています。快適、快適!!

Pomera_svn.png

とは言っても、現時点で二つほど問題が…

ひとつは膝の上で使うのが意外と難しいということ。電車などで膝の上に置いて使っているとちょっとした拍子にキーボードが折り畳まれてしまうんですよね。 こんな感じ。

200812051958.jpg

本体の下にちょっと大きめの本かなにかを敷く、もしくは足を閉じて両足をぴったり揃えれば防げます…. ただ、後者の方法だとオカマっぽく見られることは覚悟しましょう 笑

あともう一つは、バッテリーに関して。パッテリーのモチはびっくりするくらいいいです。バッテリーがなくなりかかったときには、きちんと警告を表示してくれます。先日、その警告を無視して使っていたところ、バッテリーが切れたときに内蔵メモリにストアしていた文書がすべて消えました!  予備電池が入っているので、バッテリーを交換しても文書は消えないようになっているのですが、急にバッテリーが切れたときにファイルが消えることがあるようです。幸いSubversionで管理していたために被害は最小限ですみましたが、ポメラニアンのみなさん、ご注意下さい!!

ポメラで僕の生活がどうかわったか、生産性が上がったのか… またレポートします。少なくとも、今後ブログの更新回数はアップするはず。

もう少しポメラについて知りたいという方のために。
ヒマナイヌの川井さんがポメラ de コラムというブログを書かれてます。知的生活のパートナーとしてのポメラへの愛が伝わってくブログです。これを読むとまず間違いなくポメラが欲しくなります。ポチッと押してしまっても僕のせいではないので、ご了承下さい。


“OverLay Plus for ポメラ 低反射タイプ液晶保護シート OLPMR” (ミヤビックス)

Share your thoughts