発売! ユメみるiPhone – クリエイターのためのiPhone SDKプログラミング

先日、5月11日に私にとって二冊目の本となる、「ユメみるiPhone – クリエイターのためのiPhone SDKプログラミング」(ワークスコーポレーション)が出版されました!

見ての通り、プログラミングの本らしからぬ装丁で、すでに書店、ネット上などで目に留めた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

51R-7WC-rIL.jpg

今回の企画は、昨年の秋にワークスコーポレーションの編集者Oさんからいただきました。「Flashなどを普段使っているようなクリエイターがiPhoneプログラミングを始めるきっかけとなる本」というのがテーマです。

企画の当初からの悩みどころは、「基礎の基礎を押さえながらも、面白いものを作る」という点につきます。一般に理系的なプログラマーは(自分も含めて)ボトムアップの勉強を方を好む傾向にあると言えるかと思います。まずは基礎となるObjective-Cの言語仕様を押さえて、クラス構造とAPIを覚えて、それからいよいよ応用という流れです。しっかりとした土台を作るという意味ではその方が確かに優れているでしょう。

しかし、いわゆるクリエイターの人はせっかちです笑 言語仕様がどうとか、他の環境のAPIとの比較はどうでもよく、極論すると自分の製作に使えるどうか、表現の幅を広げるのに役立つのかどうか、それだけを気にします。「クリエイターのための」と銘打つ以上は、そうした読者の気質に応える必要がありました。

そこで、本書は他所とは多少異なるアプローチをとっています。ボトムアップに積み上げていくのではなく、とにかく動くものをつくってみる、その中でiPhone開発の全体像とその可能性を俯瞰的に見る視点を養うこと。そこに力点を置きました。

より包括的な解説を求めている方には、正直言って本書は向かないと思います。実際、テーブルなど一般的に重要とされるGUIのコンポーネントについて、一切説明していません。一方、ネットワーク通信を使ってiPhoneをフィジカルインタフェースとして使うといったトピックを取り扱っています(FlashやMax/MSPと組み合わせて使うような場合に役にたつでしょう)。

また、ソースコードはなるべく本の中には書かないようにしています。これは個人的な好みですが、ソースコードが数ページにわたって載っているような本だけは作りたくないと思っていました。コードを写経してもらう必要はないのです。そのかわり、本の記述を追いながら、少しずつソースコードを追加していくステップを追体験していただきたいのです。もしそれで迷ってしまったのなら、Web上で配布しているソースコードと見比べてみてください。

本書でiPhone開発の全体像が見えてきたら、今度は他書にあたって、土台の部分を太らせる努力をしてみましょう。いったん目的地が見えてくれば、地道な作業も苦にはならないはずです。本書がiPhoneアプリ開発を始めるきっかけとして、みなさんがユメみたアプリをかたちにするお手伝いができれば、著者としてこれ以上の喜びはありません。

今回の装丁はshed.incの橘さんにお願いしました。ロハスな感じ、音楽で言うとボサノバ、でも北欧っぽいシンプルさも…との私の無理な注文に真摯に応えていただきました。できあがってきたサンプルを見た瞬間、そうそうこれこれ!と大満足。自分でもはっきり見えていなかったイメージを橘さんに具体化していただいたような気がします。

_books_wp-content_uploads_2009_05_r00136441.jpg

_books_wp-content_uploads_2009_05_r0013646.jpg

また、ひときわ目立つカバーのイラストは、フランス時代の友人shoboshoboこと、Mehdi Hercberg氏の手によるもの。「毒のある可愛さ」というリクエストにぴったりのカバーに仕上げてくれました。ほんとにMerci bien!

200905250643.jpg  200905250644.jpg 200905250644.jpg200905250644.jpg200905250644.jpg 200905250644.jpg

また、巻末のAppendixとして、「ユメあるiPhoneアプリ」開発者の座談会が収録されています。Pocket Guitorの笠谷さん、Re<ordsのdelaware岡村さん、Toy Cameraの深津さんという豪華メンバーが揃ってます。こだわりのポイントがそれぞれ異なる点が非常に面白いです。司会という立場ながら、この座談会を通して僕自身が一番刺激をいただきました。これから楽しいiPhoneアプリを作るぞ!という方には、この座談会の記事だけでもぜひ目を通していただきたいと思います。

そんな楽しい座談会を拡張!! 来る6月2日銀座Apple Storeにて、ユメみるiPhone刊行記念のトークセッションを行います。iPhoneアプリ開発者の生の意見を聞ける貴重な機会となりそうです。席には限りがあるので、早めに以下のリンクから予約しておくことをオススメします。

banner.gif

ユメみるiPhone刊行記念トークセッション – 注目iPhoneデベロッパーが語る “iPhoneの未来”

それではまた。6月2日に銀座でお会いしましょう!!


プレゼントのお知らせ

当ブログをご覧になっている方に抽選で「ユメみるiPhone」を2冊プレゼントいたします。応募はTwitterで@naotokui ににメッセージを送ってください。メッセージには「ユメみるiPhoneプレゼント希望」の一文に加えて、このブログ記事へのリンクを貼ってください。リンクを貼るのは、他のところでもTwitterを使ってプレゼントをやっているので、抽選の際に区別するためです。みなさんのご応募お待ちしております。

Share your thoughts