ユメみるiPhone-クリエイターのためのiPhone SDKプログラミング

51R-7WC-rIL.jpg

徳井直生

ワークスコーポレーション / 2009年5月11日発売 / 3300円

buy.gif

shoboguy3.png 詳細

ワークスコーポレーション

Amazon.co.jp

shoboguy2.png紙面サンプル

200905101423.jpg 200905101423.jpg

200905101424.jpg 200905101424.jpg

shoboguy4.pngサンプルファイル

Download ダウンロード

更新: 2009.7.1 SoundCosmoプロジェクトのソースの文字コードを修正

Ch. 4. iDrum

OAL – OpenALを扱うOALクラス

Sound – ドラムサウンドファイル

画像 – アイコン、ドラムの背景画像など

完成形 – 4章完了時のiDrumプロジェクト

Ch. 5-6.SoundCosmo

OAL – OpenALを扱うOALクラス

Sound – 6章で使うサウンドファイル

完成形 – 6章完了時のSoundCosmoプロジェクト

Ch. 7-8. weShake

OSC_MaxMSP – テストに使うMaxパッチ

liblo – liblo: Lightweight OSC implementationiPhone用に一部改変したもの

完成形 – 8章完了時のweShakeプロジェクト

*** ご注意 *** iPhoneシミュレーター上でOpenALを使う場合に、一部のオーディオインタフェースのドライバーと相性が悪い場合があります。アプリケーションが起動しない場合は、エラーログを確認の上、ドライバーを一時的に消すか、別のフォルダに移動するなどの対処をお願いします


shoboguy9.png 正誤表

144ページ Fig.38 バイブレーションの実装 – 最後から6行目

誤 : lo_send(oscClient, “/iphone/vibe”);

正 : lo_send(oscClient, “/iphone/vibe”, “”);

お詫びとともに訂正させていただきます。


shobo7.png レビュー

fladdict» ブログアーカイブ » 読書日記 ユメ見るiPhone
世にあるiPhone本の大半は、UIKitコンポーネント紹介してお茶を濁してて「俺はテキストフィールドだしたいんじゃねぇ!!グリグリ動かしたいんだよ!!」と叫びたくなるものが多いのですが、この本はもうちょっとFlash使い達のやりたいところを集中的に紹介してていい感じ。アプリアプリしたダサいアプリじゃなくて、お洒落なアプリ作りたいっすな人にはお勧め。

AR, オトカメラ, Core Audio, AS3, デザイン, ユメみるiPhone | My Codex Leicester
ともかく楽しく遊んで覚えようというコンセプトと、だがしかし、その先に進めるように、土台を固めて、という同居しずらい相反するコンセプトがしっかり同居できていると思います。…

僕が勧める読者は
・ いろいろ試してみたけど、ともかくコードが呪文にしか見えない人
・コンソールに何か文字が出るだけのプログラム例に耐えられない人
・ProsessingやMax/MSPなどのちょっとライトな開発環境で1つでも何か作ったことがあるけど、その先に進めない人
・Audiblesが出しているような、これまでのアプリケーションとは一味違うもの(自画自賛失礼)を作ってみたい人
です。僕の感想としては、面白いアプリケーションを作って欲しい、という思いが込められているな、と思いました。そんなわけで何か作りたい人、そのとっかかりが欲しい人におすすめします。

週刊アスキーWeb / 週アスブログ: iPhoneアプリのプログラミング入門者必見の一冊
思いつくままにパラパラと読んでみてますが、ポップなプログラミング本というのが、自分の既成概念を打ち崩されるような衝撃。ここまでカジュアルに書かれ、読んで楽しいってことを意識したプログラミング解説本が、果たしてあっただろうか?

紀伊国屋新宿南店

(ポップの上下にに表紙のイラストのヒラヒラがついてる点に注意!! うれしいです)


twitter_s.pngライブTwitterフィード



shoboguy5.png 参考文献

“詳解 Objective-C 2.0” (荻原 剛志)

“たのしいCocoaプログラミング[Leopard対応版]” (木下 誠)


shoboguy1.png 協力

イラスト: Mehdi Hercberg (www.shoboshobo.com)

装丁・本文デザイン・DTP: 橘友希 (Shed)

DTP: 山森晋平 (GrandBase)

shoboguy6.png リンク

iPhone Dev Center (http://developer.apple.com/iphone/)

iPhone Developer Program (http://developer.apple.com/iPhone/program/)

OpenAL – Officialサイト (http://connect.creativelabs.com/openal)

著者のブログ (http://naotokui.net/blog/)

ooma.png コンタクト

本文やサンプルコードに関するお問い合わせは下のコメント欄もしくはメール、Twitterでお気軽にどうぞ。

6 Comments

Join the discussion and tell us your opinion.

Kenta Ochiai
August 6, 2009 at 5:17 pm

はじめまして。iPhoneアプリ制作初心者のものです。ユメみるiPhone、大変参考にさせていただいております。
サンプルコードから、効果音やパーツなど付け替えて編集してみながら勉強中です。
1つアドバイスをお願いしたくメール致しました。
効果音(wav)を付け替えて問題なくビルド進行されるのですがシミュレーター上で一部の音しか確認できません。。。
wavファイルでも容量が大きすぎるとNGとかあるのでしょうか?何か考えられる要因があれば是非教えていただければと思います。よろしくお願い致します。

「ユメみるiPhone」を読んでみる:iDrum編 « TORQUES LABS
September 1, 2009 at 4:37 pm

[…] http://naotokui.net/dreaming_iphone/ […]

shin
February 11, 2010 at 2:55 am

初めまして、先日からiPhoneアプリ開発を夢見て『夢見るIPhone』を購入いたしました。

iDrumに挑戦しています。今のところ、シュミレーターでKickは、うまく音が出るんですが、その他の音が出ないような状況です、、、(泣)

プログラム自体が、ほとんど初心者なもので、そこからいっこうに進まず立ち往生しております、ご教授いただければ幸いです。。。

yuji
March 22, 2010 at 5:03 am

pbxcp: licenses.txt: No such file or directory

yuji
March 22, 2010 at 5:06 am

お願いします。
プログラム勉強中の者です。
iDrumの完成系のサンプルが実行できません。
以下のエラーがでますが、どのように対処したらよろしいでしょうか?
よろしくお願いします。
pbxcp: licenses.txt: No such file or directory

谷野良樹
April 4, 2011 at 1:32 pm

>yujiさん

iDrumの完成系のサンプルで以下のエラーがでる件です。
pbxcp: licenses.txt: No such file or directory

こちら、Soundフォルダの中のテキストファイル「licenses」に拡張子「.txt」をつけてあげるとちゃんとファイルを認識してくれて、実行できるようになりました。

Leave a reply