2010.6.21『iPhoneのオモチャ箱 ~iPhone SDKプログラミング~』刊行

来る6月21日。新しいiPhone SDKに関する本が出ます!!

20100602-cover_obi_h1_-2010-06-9-08-15.jpg

『iPhoneのオモチャ箱 ~iPhone SDKプログラミング~』
http://www.wgn.co.jp/store/dat/3206/

「はじめに」より…

この本はiPhoneアプリの開発に取り組んでいるみなさんのために、拙著「ユメみるiPhone」の続編として企画されたものです。前書がこれから始める方を対象に開発のイロハを紹介したのに対して、今回は全く違ったアプローチで本をまとめました。

そのアプローチは「iPhoneのおもちゃ箱」というタイトルとアルバムカバーに明確に表されています。さまざまな要素がつまったiPhoneという素晴らしいデバイスを「おもちゃ箱」にたとえ、その可能性をどう引き出していくかという点に注目しています。

執筆は、私が個人的に気になっているプログラマー/クリエイターのみなさんにお願いしました。言ってみれば、iPhoneというおもちゃ箱の魅力に取り付かれた子供のような大人たちです。開発の第一線で活躍されている方々が、それぞれの得意分野でどのようにiPhoneで遊んでいるか、その一端が伺えるような記事が集まりました。ステップ・バイ・ステップのチュートリアルから、より概念的なお話、開発のヒントまで様々なトピックの中に、それぞれの開発者ならではの創意工夫が垣間見えてくるはずです。

本書の構成は次の通りです。
第一章は概論です。iPhoneアプリ開発とデザインにおける考え方、およびその実践をまとめました。第二章は実際の開発について。各執筆者が新たに用意したサンプルやこれまでに発表しているiPhoneアプリについての技術的な解説をいただきました。ソースコードを眺めながら具体的なテクニックやアイデアを盗んでください。第三章はレシピ集になります。開発の過程で役に立つトピックを集めました。

執筆は 岡村浩志さん(Re<ords)、笠谷真也さん(Pocket Guitar)、深津貴之さん(QuadCamera)、青木太臣さん(one-dot enemies)、大宮聡之さん(MoneyTron App)、瀬尾浩二郎さん(LetItSleep)、バスケさん(ランブリン)、宮川義之さん(iYamato)にお願いしました。それぞれの個性が記事にも現れていて、まさオモチャ箱のような本になりました。


banner145x240_iphone2-2010-06-9-08-15.jpg

本書の刊行を記念し、来る6月22日 25日の両日、AppleStore Ginzaおよびジュンク堂新宿店にてトークイベントを開催いたします。

●6/22(火) 19:00~20:00 AppleStore,Ginza(3Fシアタールーム) 
入場無料 定員84名
iPhoneデベロッパーが語る“いま、iPhoneで何ができるか”

●6/25(金) 19:00~20:30 ジュンク堂新宿店(8F喫茶) 
1,000円(ドリンク付) 定員40名
話題のiPhoneアプリ開発者が語る、これから…
※特製Tシャツ・書籍プレゼント(抽選)、サイン本の販売あり

詳しくはこちらをご参照ください.
http://www.wgn.co.jp/store/blog/item-947.html

2 Comments

Join the discussion and tell us your opinion.

Meumi Hoshi
June 9, 2010 at 4:14 pm

銀座AppleStore、お伺いする方向で予定しておきます。
sync podcastも更新楽しみにしています。

mekayama
June 13, 2010 at 1:23 am

出版おめでとうございます。
僕もやっとIntel MacにしていPhoneアプリ開発の道を少しずつ歩んでいます。

Leave a reply