『創るためのAI—機械と創造性のはてしない物語』出版 – My first book on AI and Creativity is out!

My first book on AI and creativity is coming out next week! Based on my past projects, I tried to illustrate AI’s potential in human creative endeavors and demystify the concept of “creativity” itself. I genuinely hope someone finds the book interesting and translates it into English someday.

2021年1月20日。AIと創造性についての私の最初の著書が発売になります。

『創るためのAI—機械と創造性のはてしない物語』徳井直生 (BNN)

http://www.bnn.co.jp/books/10811/

目次

目次を見ていただければわかるように、技術書ではなく、一般向けの本になります。アート/音楽の領域での現在進行形の取り組みや、AI=人を模倣する機械の歴史などを題材に、創造性の本質に自分なりに踏み込んだ一冊です。高校生以上を念頭に、誰でも楽しめるように書く/20年後でも通用するような(技術に依存しない)本質的なことを書く、を心がけたつもりです。

AIに興味がある方はもちろん、コンピュータを使って何らかの表現(音楽や映像、メディア・アート作品から、文章表現などまで)に取り組む方から新規事業開発に関わる人まで、「創造性」「クリエイティブ」という言葉に反応するみなさん全員に、ぜひ読んでいただきたい。

そんな本になりました。AIという「鏡」を通して見ることで、今まで知らなかった創造性の新しい側面と出会えることをお約束いたします。

2020年は前例のない大変な年でしたが(今年もどうなることやら…)、改めて自分のやりたいことに向き合い、自分の作業にある程度集中できたという意味で、充実した一年でした。学生時代からの宿題を一つこなした気分で、すっきりした気持ちで年明けを迎えられました。今年は制作に集中できそうです。2021年もよろしくお願いします!

http://www.bnn.co.jp/books/10811/