AI DJ 技術解説 – 9/4「2045」at OKAZAKI LOOPS #2

ありがとうございました!

人工知能時代のDJ, VJ表現を考えるイベント 「2045 」を、OKAZAKI LOOPSのプログラムの一つとして、京都国立近代美術館で先の9月4日に行いました。 200名を超える方にご参加いただきました。お越しいただいた皆さま、ありがとうございました! 前回のブログの記事で告知した技術解説を(事後になってしまいましたが)書きます。

photo (c) OKAZAKI LOOPS 実行委員会

LOOPS_P3290348 LOOPS_P3320568 LOOPS_P3270205

AIと著作権

AIの生成物と著作権に関して弁護士の方との勉強会に参加してきたのでメモ。   まず前提として、著作権法上、著作物とは思想 / 感情を創作的に表現したものという定義なので、AIの生成物は著作物にはあたらない = 著作権法上の保護の対象にならないそうです.

「AIとのつきあい方」 – コンテンツ東京2016での講演

コンテンツ東京2016での講演が終わりました! 1500人のホールが予約で満席になってしまったということで(初めての経験!!)、急遽、翌週のライブ東京2016でも同じ講演を追加でやらせていただきました。

今回の講演のテーマは、クリエイターにとっての「AIとのつきあい方」。

その中で私は、AIをArtificial Intelligenceとしてではなく、Alternative(代替の) Intelligence、あるいはAlien(異世界の?) Intelligenceとしてとらえてみようという話をしました。

Alternative/Alien Intelligence(以下、AI’と呼びます)は、もともとはKevin Kellyがなにかのインタビューで言っていた言葉です。彼の最近の著書 The Inevitablesでは、「AIではなくArtificial Aliens (AA)が正しい」とも言ってますが、ロボットにAIが組み込まれていく未来を想定しての言葉でしょう。

要するにAI、人工知能を人の知能の模倣ではなく、全く別の知能としてとらえよう、ということだと思います。賢いことをやっているように見える、ただしその「知能」のかたちは人とは異なる、したがって人とは違う答えを導き出すときもあるし、想像もしなかった間違いをすることもある、ということになります(なにが知能なのかという議論は棚上げ) 。

カメラと画家、とAI

dora-maar-05  7113871503_0085b6a7a3
左: マン・レイ「Dora Maar」 右: パブロ・ピカソ 「ドラ・マールの肖像」

人工知能とクリエイターの関係を考えるときに、カメラが発明が画家に与えた影響を考えると良いのではないか、なんてことを考えております。 カメラは乱暴に言ってしまえば、自動化の技術。よく言われるようにカメラの発明が肖像画を描いていた画家を失業においやった一方で、印象派やキュビズムの誕生に寄与したように、ある種の表現は人工知能に代替されるのかもしれないが、その分、別の表現が生まれてくる。

写真が広まり始めた大正時代には、わざとフォーカスをぼかしたり、レンズにつばをつけたりすることで、印象派の絵画に似せた写真を撮ろうとする藝術寫眞の流れがあったり… 写真をリファレンスにできることによって、手書きによる写実的な表現のレベルが格段に上がったり (例えばこういうのとか http://ailovei.com/?p=46139) 。その影響は双方向的。

The Ship Project with Brian Eno – Cannes Creative Lions 2016

IMG 0662

昨年からお手伝いしているDentsu Lab Tokyoさん主催のセミナーに参加するためにカンヌライオンズ 2016に来てます.  今年の年明けから取り組んできたBrian Eno氏とのコラボレーション、彼の新作アルバムのタイトル曲 The Shipのためのミュージックビデオ(The Ship Project) の発表を兼ねたセミナーです. The Ship Projectのなかで私はDeep Learningを用いた画像解析の部分と全体のテクニカルディレクションを担当しています。 MVの詳細についてはまた改めて書くとして… イーノ氏のトークの中で面白かったことをざっとまとめておきます。

QosmoのWebサイトをリニューアル!!

弊社、Qosmoの新しいロゴ、そしてWeサイトを公開しました! また、新しい会社のモットーとして、Computational Creativity and Beyond を掲げることとしました。

http://qosmo.jp/

4月の会社移転に続いて、いろいろと体制が整ってきているように思います。みなさま、本当にありがとうございました!!

logo

新しいWeb、ロゴ、そしてモットーに恥じぬようにいい仕事をしていきたいと思います。