2017.10 インタビュー/登壇/ラジオ出演

IMG_0538

ヨーロッパから帰ってきて、連続してインタビュー記事等が掲載されているのでまとめてご紹介します.

インタビュー/対談記事

クリエイティブの超・変化がやってきた(2)-さぁ、AIで、ズレを楽しもう。 – MASSMEDIAN

最近のヨーロッパツアーの話もしてます.

暮らしとメディア・アート。豊かさとは何か?【前編】 Qosmo × Takram – Baus

CROSSTALK – 新たな表現の美を求めて 畠中実 x 徳井直生

ICCの畠中さんによくお話を聞いていただいています。もう15年来お世話になっている同世代のメディアアート界隈の兄貴分的な畠中さんですが、いまだに畠中さんの前では変なことを言えないと思って、対談するたびに緊張します。緒方さんとは同世代ということもあり、よく顔を合わせる仲ですが、こうやってお話するのは初めて。刺激になりました。

 

講演/登壇

Innovative City Forum 2017  2017.10.12

アレクシー・アンドレさん、落合陽一さん、笠原俊一さんとの「感覚の拡張」のセッション. 言いたいことはたくさんあったのですが、いかんせん時間が短すぎた!

特に言おうと思ってて言えなかったこと:

人間が感覚をコントロールできるようになったら、それらを抑える方向に市場の圧力がかかるのではないか。夕日が綺麗とか、この曲いいとか考えてる暇あったら、Slack返信しろ… と。集中力アップといった言葉の影で、感性を抑圧するようなシステムに対して反抗するのが我々の役目では。

 

AXIOM Fireside Talk with Memo Akten 2017.10.7

openFrameworks界隈でも非常に有名なMemoさんのトークに登壇させていただきました. 印象的だったのがoFという言葉を一度も使わなかったこと. ほとんどは彼の哲学ともいうべきものについて語っていました. 最近Deep Learningを使った作品を多く発表している彼ですが「知性を外部化することで、人間のことをもっと深く知ることを目的意識として持っている」という言葉に共感しました。

 

ラジオ出演

別所哲也さんナビゲート J-WAVE TOKYO MORNING RADIO「MORNING INSIGHT」 2017.10.17 – 10月いっぱいは聴けるようです.

自分の活動を話してから…最後にエンターテイメントの未来について聞かれたので、VRなどのトピックも. 一般論は難しいですがと前置きした上で、こんな趣旨のことを話しました.

映画も家でネットフリックスでみればいい、音楽もSpotify, YouTube..  中で エンタメ産業がライブにシフトしている. ライブが面白いのは「一回しかおきない」、「予測不可能性」.

AIという人間じゃない人間を、関与させることで、ある種のハプニングを作る.
AIが人と違うのは、この予測不可能性の度合いをコントロールできること.  AIによって、ライブの一回きりという一回性をどうデザインするかが面白くなりそう!

(そのうちにAIが進化して完璧に近づいていくと、人間の存在こそがハプニングのもとになるかも…)

 

ps. 最近、またブログが面白い気がしてます。日記的なものも含めてこれからどんどん投稿しようかな.

[日誌] AI DJプロジェクト — ヨーロッパツアー

21688202_1546455662081814_4591744079013512683_o

Photo: (c) David Gallard – Scopitone 2017

2015年から続けているAI DJプロジェクトが、ヨーロッパのフェスティバルに招待を受け、9月中旬の約二週間、ヨーロッパを旅してきました。


AI DJプロジェクトは、人間のDJと機械学習に基づく「AI DJ」が一曲づつかけあう、Back to Backと呼ばれるスタイルでDJを行うという実験的なDJセット。リアルな昔ながらのレコードとターンテーブル(カスタムされてます)を使うというのがキモで、現在はレコードの選曲とターンテーブルのスピードをコントロールしてのビート合わせの部分に、Deep Learningの技術が使われています (くわしくはこちら)。

今回、ビジュアルを担当する堂園翔矢(Qosmo)とTASKOさんに作っていただいた小型ロボットとともに、まわったフェスは次の二つです.

  1. Speculum Artium (スロベニア、トルボヴリェ)

2. Scopitone 2017 (フランス、ナント)

[サーフィン × 人工知能] 海岸線の衛星写真からサーフポイントを検索 – Deep Surfari – Quest for untouched surf points using Deep Learning on satellite imagery.

13925838_10155096476088452_7128053996750221992_o

いまからちょうど一年前. 2016年の9月に10日ほどの休みを取って、南米チリに行ってきました。チリの友人たちとサーフィンをするのが目的の旅でした。ちょうどそのころにやった実験の記録です。


Deep Surfari – Quest for untouched surf points using Deep Learning on satellite imagery.

サーフポイントとして認識された衛星写真

サーフポイントとして認識された衛星写真 – モロッコ

このプロジェクトの直接のきっかけはその直前の8月のWIRED LABでのトークセッションです。世界のサーフポイントの波のデータ可視化に取組んでいる山崎みどりさん、サーファー向けの写真アプリ SurfPicを運営する電通の秋元健さんとの対談をする機会をいただきました。

初めてのお二人との顔合わせの席でもやはり話題は海外のサーフスポットについて. 「あそこに行きたい」「どこそこは波を当てるのが難しい」などなど話題はつきませんでした.  山崎さんは僕の憧れの地、モロッコにも行かれたことがあるとか.  長い長い海岸線を持つ彼の地には、未知のサーススポットも数多く残されている… といった話で盛り上がりました。

サーフポイントの緯度経度情報を登録するために、Google Mapsで衛星写真を眺めるのを日課にしているという秋元さんの話を聞いているときにひらめきました。

「もしかしたら海岸線の衛星写真を解析することで、新しいサーフスポットを見つけられるのではないか… 」 会社に戻ってすぐにサーフスポットの情報を集めはじめました。

ということで、題して Deep Surfari (SurfariはSurfingとSafariをあわせた造語で、未開のサーフスポットを探す探検を意味してます). 画像解析にはもちろんDeep Learningのモデルを利用します。

今回のテストは以下のようなステップで行いました.

  1. 世界のサーフスポットの衛星写真を集める.
  2. サーフスポットではないランダムな海岸線の衛星写真を集める
  3. 畳み込みニューラルネットワーク(CNN)で、サーフスポットとそれ以外を識別するモデルを作る.
  4. 対象とする地域の海岸線に沿って集めた衛星写真を、3のモデルにかけて「サーフスポットらしい」場所を探す

順に説明します。

Continue reading

「The Latent Future -潜在する未来-」 ICC OpenSpace 2017にて展示中.

DSC02353

2017年5月27日より、ICC OpenSpace 2017 未来の再創造 にて、Qosmoの新作展示がスタートしました。

「The Latent Future – 潜在する未来」と題した本作は、ニュース記事しか知らないコンピュータが、この世界の「ありえたかもしれない過去、ありえるかもしれない未来」を夢想し続ける…という作品です。
http://www.ntticc.or.jp/ja/archive/works/the-latent-future/

映像の中の3D空間には,過去に実際に起きたニュースのほかに,無限に近いさまざまな文章が埋め込まれています.その現実のニュースから「ありえた/ありえる」かもしれないニュースが生成されます.

この作品は,言語モデルの中に畳み込まれた,無限に近い文章の組み合わせ可能性に着目し,現在インターネット環境などに顕著に表れている,真実と虚構とがないまぜになってしまう現実社会の脆さを考えようとするものです.過去の大量のニュースを学習した人工知能(AI)は,Twitterからのニュースフィードを常に受け入れ,ニューラル・ネットワークの中に埋め込まれた「すでにある」,しかし「まだ起きていない」,オルタナティヴなもうひとつのニュースを生成し,提示し続けます.そこには,ホルヘ゠ルイス・ボルヘスの小説「バベルの図書館」に登場する,表現可能な全ての組合せを収めた図書館のごとく,組み合わせにより生成された大量の架空のニュースが含まれ,虚構と事実の間に揺らぎをもたらします.

表示されている3D空間は,各文章が持つ高次元の特徴ベクトル(文章の特徴を数列に変換したもの)を,3次元でマッピングしたもので,空間内での距離が文章間のセマンティック(意味的)な距離に対応しています.

 

作品のアイデアは言語モデル自体の面白さから着想しました。

単なる数字の列 (といっても2000次元以上のベクトルですが)から、無限に近い多様な文章が生みだされるということに美しさを感じました。この高次元のベクトル空間(ちなみにこの空間のことをLatent Space, 特徴量のことをLatent Featuresと呼びます)に埋まっている文章、「すでにそこにあるのに、まだない」記事を、日々流れてくるニュースの見出しを手がかりに、掘り起こしていく

ボルヘスの「バベルの図書館」(アルファベットの可能な組み合わせの本がすべて所蔵されている)の中を探索するようなイメージでしょうか。

そんな僕の漠然としたイメージを、昨年からQosmoに加わった堂園翔矢が見事なグラフィックにしてくれました。 インターンの二人の大学生 Robin Jungersと 梶原 侑馬 のサポートも不可欠でした. さらにサウンドは、2004年のICCでの初めての展示の時もいっしょだった 澤井妙治にお願いしました。

Continue reading

“Sonic Pendulum” with Yuri Suzukiの舞台裏 – ミラノデザインウィーク

Milano 4 aprile 2017
Corso Venezia, 11
Audi City Lab

先日のミラノデザインウィークで発表したSonic Pendulumについてまとめました.

Yuri Suzukiくんが主体となったインスタレーションに、主にサウンド生成のアルゴリズムの部分で参加しました。

一番最初にYuriくんからこのプロジェクトの話を持ちかけられたときに、「振り子型のスピーカーを並べた音響作品」という大枠のアイデアと「AI」「環境」「人と自然、歴史と先進性のバランス」といった作品を表現するキーワードがいくつかありました.

そんな中、わりとすぐに Autoencoderを使ったらどうかと思いついたのを覚えています.

Autoencoderはニューラルネットワークの一種で、入力したデータをより少ない次元で表現した上で、入力に近いデータを出力するように学習を進めるモデルです. 入力したデータをそのまま出力することにどういう意味があるのかと思われると思いますが、入力したデータをより少ない次元で表現することを学ぶことで、データの中に隠れた構造を学習することが期待できます。
Continue reading

Qosmo AI-DJプロジェクト – 詳細をまとめました.

aidj11

人工知能DJイベント「2045」から派生したAI DJプロジェクト. レコードを使いつつ、人とAIでBack 2 BackでDJをするというスタイルで少しずつ更新を続けてきました。

2017年2月17日の渋谷WWWの模様をまとめた動画 を中心に、本プロジェクトの骨子をまとめました (Yansu Kimさん、ありがとうございました! )

AI DJ PROJECT – A dialogue between AI and a human

http://qosmo.jp/aidj/

AI DJ Project – A dialogue between AI and a human” is a live performance featuring an Artificial Intelligence (AI) DJ playing alongside a human DJ. Utilizing deep neural network technology, the AI system selects and mixes songs and performs other musical tasks. Playing back to back, each DJ selects one song at a time, embodying a dialogue between the human and AI through music.

AIと表現の今を伝えるWebサイト – “Create with AI”を始めました!

creaete_ic_0327

AIと「表現」、人間の「創造性」の未来を考える上で興味深い「論文」「デモ」「作品」「記事」などを紹介するサイト、Create with AIをローンチしました!   AIによる表現に興味のあるクリエイター、アーティスト、あるいはAI研究者を主な対象とし、今、何が起きているかを毎日少しずつ伝えるリンク集を目指しています.

http://createwith.ai/

もともとは普段自分が調べている論文をそのままにしておくのはもったいない! というわりと単純な理由が動機になっています.   ローンチから一週間でライターも7名以上に増えました.  やはりこの分野に対する興味の広がりを感じます.

createwithAIfull

スクリーンショット 2017-04-03 17.20.48 スクリーンショット 2017-04-03 17.20.22

 

サイトの概要についてはこちらをごらんください.
http://createwith.ai/about/

TwitterアカウントFacebookページも合わせてよろしくお願いします.

 

尊敬するJohn Maedaさんにツイートしてもらえたのも個人的にはすごく嬉しいです!

 

MIT Tech Review Visionary Conference 2017

2400_1600-1181x787

3/6 MIT Technology Review Visionary Conference 2017に登壇させていただきました。

当日のスクリプトは Mediumの方にまとめています.

2017/4/3 アップデート.
イベントのまとめが公開されています.

LEXUS Visionary Conference Event Report #2